ラム9の痛Suicaサムネイル
 印刷用 300dpi版JPG ダウンロード ▶

 作り方 ▶

うる星やつら の売れ筋商品

うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー [DVD]のサムネイル
うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー [DVD]

 押井さんが、映画に神スタッフを連れていってしまって、テレビは大変でした。

それだけに今観ても素晴らしいです。

 しかしテーマは「夢からさめぬ夢」と「さめたらどうすんの?」
という、マンガやアニメ(うる星を含む)の時間軸に対する破壊的なものでした。
(最近はこれをパロっているスタッフや漫画家さんも多いですね)

 サ〇エさんやドラ〇もんやアン〇ンマンも毎日が同じ1日の繰り返しって事。
声優や視聴者。作者までも、どんどん歳を重ねてもキャラは普遍のまま。
「生きてるって?何?虚像は成長しない事で存在価値を維持する。
でも現実に生きる人は成長しなければ存在価値を示すこともない。」

 ラストシーンに向けてバクが世界を破壊していく。自分達が関わっている世界を押井さんが壊す。
高橋留美子さんの世界を亀に乗った竜宮城と比喩し現実の時間にあたるを放り出す・・・。

 私の知ってるところでは試写で高橋先生が激怒したそうです。(人づてではありますが)

 その証拠に劇場用ポスターの書き下ろしが存在しません。
(無邪気っぽいのはありますが、映画版では無くバクも違います)

 当時のインタビューでも押井さんが語っていますが「メガネは自分の分身だ」と
表現したい事はメガネを通してしているそうです。それゆえ原作にはメガネがいません。
(かたくななまでに登場させません。)

 これは押井さんの世界観を反映させた作品であり。高橋先生の作品ではありません。


「オンリーユーも押井守でしょう。という方のツッコミもわかりますが、あれは仕事人としてみごとな仕事でした」
勝手な憶測ですが、実績作りだったと考えます。
プロはどう作ってもプロの作業ができるのだと教えていただきました。

 「オンリーユーは大好き」と高橋先生も絶賛でしたからポスターも「力作」でしたね。

 押井さんの作品世界が気に入った方はパトレイバーや攻殻などがオススメです。
 高橋さんの世界観の方がイイと感じたらオンリーユーや完結篇がよいです。
どちらも素晴らしいクリエイターの方々が参加しております。(アニメの鑑です)

上記レビューはAmazon.co.jpより取得しています。