ナギ6の痛Suicaサムネイル
 印刷用 300dpi版JPG ダウンロード ▶

 作り方 ▶

かんなぎ の売れ筋商品

かんなぎ (4) (REX COMICS)のサムネイル
かんなぎ (4) (REX COMICS)

ちょうどアニメ化も決定した今作。以前から気になっていて、4巻のタイミングで購入を
しようと本屋に行ったらそうなっていて、いいタイミングで読むことが出来た。

この作品は紹介文に「伝奇」と書いてあるが、実際はそこまで重苦しく、専門用語だらけの
ものじゃなく非常にわかりやすく、単純なもので敷居は全然高くない。
むしろ気軽にこの世界に入っていけるようなフットワークの軽い作品になっている。
もちろんヒロインのナギは神様なのでそっち系の話や言葉も出てくるが、
これらを丁寧でわかりやすく描いているのですんなりと世界に入っていける。
また、作者のいい感じに適当なギャグセンスもあってサクサク読める。
基本的なラブコメの部分もしっかり押さえてあるのも良い。

今巻は前作からのシリアス展開の延長にあって、ナギの記憶や、時々出てくるもう一つの
人格、そして自分は何者なのか、本当に神なのかというヒロインの自問自答が中心に
なっている。結構深いテーマなのでじっくりと読むことが出来た。
展開も急ぎ足ではなくじっくりとラブコメを挟みながら展開する感じになっている。
また書き下ろしの「ナカキヨノ」のナギのデレっぷりにも注目。

そして後半では自らサービス回と公言した「彼氏と彼女が水着に着がえたら」に続き、
そこから新しい神様「みゅう」が登場し彼女とその周辺の人々を巡る展開に
なって今巻は終了(最後に過去の読切「ヒルデガルトの城」も入ってるが)する。
またこの街の人々の登場により、いよいよ色々な謎も明かされそうで、
ラブコメ展開も含め今後が楽しみな作品。アニメもやるので買うにはいい機会かと。

あと絵柄が妙にすっきりとシンプルに描かれているのも好きな部分の一つ。
空きページのイラストも毎回面白い。遊びとシリアスが上手く融合されたおススメの漫画。

上記レビューはAmazon.co.jpより取得しています。